2018/10/19

バーチャル工場見学
バーチャル工場見学

バーチャル工場見学

岩戸工業のものづくりの現場をご紹介します。
世界基準の品質を備える航空機の部品、
オリジナルデザインのバスやトラックなどをベースにした特種車両、
産業機器のキャビンなどを製造しています。
幅広い分野に高い付加価値を提供するスタッフの姿をご覧下さい。

就職希望・企業研究の皆さんを対象に、本社工場の見学を実施しています。
リアルな工場見学をご希望の方はメールフォームからどうぞ!

航空機

プレッシャーデッキ
(ボーイング787)

プレッシャーデッキは機内の隔壁のこと。人命と快適性を守るため、精確なドリル加工を施します。

キールビーム
(ボーイング777)

そそり立つキールビームは、航空機を支える背骨。最も重要な機体部品を、岩戸工業が担っているのです。

大型貨物扉
(ボーイング777)

ここでつくるのは貨物扉。扉ひとつ出来上がるまでに打ち込むリベットは、なんと12,000本!

大型貨物扉
(ボーイング767)

機種が違う貨物扉もつくります。数ある機体部品の中でも、使われている場所が想像しやすい部品です。

フレーム
(ボーイング767)

何十枚も並んだ、弧を描く金属板。全てを緻密につなげることで、航空機の胴体部品に様変わりします。

ヘリコプター
(BK117)

ここは他の部署と比べると、製品の形状が見やすい職場。ものを「つくってる感」がよくわかります。

P-1/C-2

コクピットの天蓋をつくります。壁の両側の二人が声を掛け合って、一本ずつリベットを打ち込みます。

定期修理(オーバーホール)

最後にご紹介するのは、航空機部品のオーバーホールです。日本の空を守ってきた機体の部品を修理しています。

バス・特種車両

バス(外装)

屋根を切ったり外装を変えたりして、オリジナルバスに大改造。リニューアルやレストアも行います。

塗装エリア

一際目を引くのは、バス一台がまるっと入る塗装ブース。高品質塗装ができる設備です。

バス(内装)

車体から内装まで全て手がけることで、お客様の想いを形にします。メンテナンス・修理も行います。

産業機器

CAD

CADルームでは、製品の加工図を作製しています。

プレス板金

人の手技が多い岩戸工業でも、このエリアは機械が主役です。巨大な金属を思い通りの形に仕上げます。

溶接

ここで溶接するのは、建設機械のキャビンといった人よりも大きな製品。溶接跡にプロの技が光ります。

塗装

静電気の力を使った粉体塗装。強く柔軟性がある塗膜で環境にやさしいエコ塗装です。

艤装

窓ガラスや電気配線などの装備を取り付けて、お客様のラインサイドまで一式セットでお届けします。

検査

外観や機能はもちろん、水漏れなども検査します。安全をお客様へ届けるために、欠かせない工程です。

各種施設

食堂

お昼はみんなでお弁当を食べて腹ごしらえ。気心の知れた社員同士、仕事や日々の話に花が咲きます。

会議室等

参加人数に合わせた会議室で、業務の打ち合わせや商談をします。工場見学の案内もここで行います。

 

就職希望・企業研究の皆さんを対象に、本社工場の見学を実施しています。まずはメールフォームからお申込み下さい。

ホームへ先頭へ前へ戻る